PRIDE1.JP プライベート
オフィシャルBlog PRIDE1.INFO >> http://pride1.info/
■陸上部Vol.1
ハイジャンプ
小生、青春の1ページ!陸上競技をしていた当時の事がフラッシュバックを綴る(^^)
実はひょんな事から陸上部に入る羽目になり、その後ある種のドラマの様な展開に!
---
■陸上部Vol.1
高校に入学すると同校先輩諸君が新入部員獲得に躍起になり先輩方が方々でスカウト活動をしていた。
そんな時、後ろから小生を誰かが呼んでいる。
振り向くと中学時代の部活の先輩が肩で風きり歩いて来るではないか!?
小生に手招きで「こっちへ来い!」そして身を翻しノッシノッシと歩いていくではないか。
その迫力につられる様に後を付いていくとそこは応援団の勧誘ブースであった”
そこにはテーブルがあり入部申請のノートの様な物が置いてあり、正面に竹刀を持った応援団長がドッシリと座っている。
「終わったぁ~(>_<)」状況を把握した時は既に遅しで、入部希望ノートにペンを走らす自分が居た(T_T)
その当時は今と違って先輩後輩の規律は格段に厳しく「先輩命令は絶対」なのである。
しかし、応援団というと入学早々小生たち新入生全員体育館に集められ応援練習という事で応援団(先生不在)にコッテリしごかれていた。
そしてまだ名も知らぬクラスメートが数日前から応援団に入部した様で、毎朝先輩が投稿する前に部室前に整列している姿を目撃している。
また別の部員は先輩を校門で出迎えカバンを預かりダッシュで部室まで駆け込む!
そう先輩はチャリンコなのだ!
しかし当然先輩より早く部室にたどり着かねばならぬのである(^^;)
そんな光景を見ていた小生は「応援団だけには入りたくない」と硬く誓っていたのだが...。 
Vol.2へつづく

PRIDE1.JP

ブログランキング・にほんブログ村へ 日記@BlogRanking 人気blogランキングへ
お帰りの際クリックm(__)m

テーマ:Memories - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 PRIDE1.JP プライベート all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.