PRIDE1.JP プライベート
オフィシャルBlog PRIDE1.INFO >> http://pride1.info/
■陸上部Vol.13
ハイジャンプ

※:Back number==>>Vol.1Vol.2Vol.3Vol.4Vol.5
Vol.6Vol.7Vol.8Vol.9Vol.10Vol.11Vol.12
ウォーミングアップ・基礎トレーニング・イメージトレーニングそして軽めのウェイトトレーニングを時間を掛けてゆっくりと。
前日とは比較にならない程に軽いメニューである!
ダウンアップ(整理体操)をしながら「ホントにこれで終わり!?」と自問自答f^^;)
練習しないことがなにしろ怖い”何せ2ヶ月近く毎日居残り練習をしてようやく今の実力!?しかし確実に成長させてくれた監督からのアドバイスを受け入れないことも怖い!?
混沌としたスッキリしない数日を過ごし記録会当日を迎えてしまう(>_<;)
そして緊張の中、いよいよ校内記録会が始まる。
改めてS君はこれで負けたらハイジャンプを辞めると伝えに来た!
小生的には彼が続けようが辞めようがどうでも良い事と思いながらも、目覚め始めた「負けず嫌い」が顔を出す。
そして彼にとってはプライドなのか,ある種の覚悟を決めている様な「強い意志」を感じた。
記憶は定かではないが新人戦には確か各校から2人の選抜だったように記憶している。
1年生は4人(この時期まで既に2人程脱落して退部している)、小生以外は前に書いた様にスポーツ特待生・推薦入学である。
そんなメンバーの中にあって自分自身は「到底勝ち目はない」「目指すは自己ベスト」と思っての記録会である。
中体連県大会優勝の特待生K君は最初の高さ1m40cmは「パス」小生ら3人のみの試技である。
順番がどのように決まったか覚えていないが小生が最後、他の二人は難なくというより余裕でクリア、いよいよ自らの番である。
試合という形式では中学の運動会以来(その時の記録はベリーロールで1m45cm)で背面跳びでは初めての試合形式。
「到底勝ち目はない」「目指すは自己ベスト」と開き直っているモノの緊張は隠せず助走路にたつもなかなかスタート出来ない自分が居た。
試技時間は1分30秒を与えられる。
しかしカウントダウンしてくれる訳でもない。助走路に立ってスタートするまでの時間は静まりかえり、時が止まっている様だった。
その静かな時間が焦りを誘う。無言で「落ち着け!」「大丈夫!」そして自分に「よし!」と喝を入れスタートを切る!
Vol.14につづく

PRIDE1.JP
◆お帰りの際クリック↓m(__)m↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 日記@BlogRanking 人気blogランキングへ ブログ王ランキング

テーマ:Memories - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 PRIDE1.JP プライベート all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.