PRIDE1.JP プライベート
オフィシャルBlog PRIDE1.INFO >> http://pride1.info/
■陸上部Vol.4
ハイジャンプ
※:Back number==>>Vol.1Vol.2Vol.3
■陸上部Vol.4
挫折の第二章を語る前にまずは第一章を!
挫折第一章は中学一年の体育祭の時に訪れた。
小生、自慢する程では無いが走るの速い方である。
ちなみに小学生時代は徒競走で負けた事が無い(^^)v
もちろん校内で一番という訳ではないが、クラス対抗のリレーでは必ず選手に選ばれ、6年の時は市大会のリレー選手を務めたほどだった”
しかしである!その小生が中学の体育祭での徒競走は3位、しかも小学時代のクラスメイトでそれこそ「目をつぶっても」勝てる相手が2位だったのだ(T_T)
平静は装ったもののかなりのショックであった事を思い出す。
これが第一章の始まりで、「大きくなる」と言われ入ったバスケ部では「レイアップシュート」が出来ず、先輩に「お前ちょっと変だ!」「こっちに来い」といわれ個別指導を受ける屈辱(>_<)
などなど、自分では「スポーツ万能」と思っていたにもかかわらず、Vol.3に書いた「ハイジャンプの授業」まで続くのであった。
強いて言えばSKIだけは人並みよりは上手かったように思う(^^;) 
小生、中学入学時まだ身長が150cmにも満たずだったが、そのクラスメイトはいつの間にか150cmを超えていた。
要は小生の成長が遅い方だったという事なだけだったのだが、そんな事は今だから分かる事、その当時は本当にショックで「呆然自失」状態だった事は言うまでも無いだろう。
今では、177cmとまぁ大きい方といえる身長になったが、今の身長になったのは高校3年生だった。
やはり人より成長が遅かった様である。
さて、Vol.5では第二章の幕開けと行こう(^^)

PRIDE1.JP

ブログランキング・にほんブログ村へ 日記@BlogRanking 人気blogランキングへ
お帰りの際クリックm(__)m

テーマ:Memories - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 PRIDE1.JP プライベート all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.